持ち家の有効な活用法|失敗しないアパート経営の事例を知る【成功させる為に知っておく】
婦人

失敗しないアパート経営の事例を知る【成功させる為に知っておく】

持ち家の有効な活用法

内観

留守宅を賃貸物件として

不動産用語のリロケーションとは、簡単に言えば留守宅を期限付きで賃貸物件として貸し出し家賃収入を得ることです。海外赴任や転勤などで遠隔地に行かざるおえないときに自宅を留守にしておくのは不安なものです。人が住まなくなった家は比較的傷みやすくなり、老朽化が進むこともあります。そこで、長期間の留守になることがわかっている自宅をリロケーションとして活用するとその間は家賃収入を得ることもでき、家の管理までお願いすることができます。そして、海外赴任や転勤が終わって自宅に戻ってくるときは、自宅の明け渡しがスムーズに行われるので安心して戻ってくることができます。入居者のほうも期限付きで入居するのを了承した上での賃貸契約なので、明け渡しで揉めることはないのがリロケーションのメリットです。

委託する会社の選び方

リロケーションをする場合は、自宅を委託することになりますので、管理をきちんとしてくれる会社かどうかを重視して選ぶようにしましょう。まずは、自宅周辺でリロケーション会社を探し、契約内容をよく比較検討するようにしましょう。リロケーション会社はどの会社も同じ契約内容であることはなく、各リロケーション会社ごとによって違いがあります。また、得手不得手もありますので委託したい自宅のタイプによっても委託するリロケーション会社を選ぶ必要があります。しかし、どのリロケーション会社を選ぶときでもメンテナンスをしっかりと実施してくれ、かつきちんとした入居者を選ぶ目を持つ会社に委託するようにしましょう。間違っても、家賃の収入ばかりを気にするのは良くないので注意したい点です。